S物語(33) 『イスタンブールの奇跡~授賞式&パレード』

パレード


スチービー物語(33)
  『イスタンブールの奇跡~授賞式&パレード』


 (※ 『S物語』目次 → 


今でも“Ring of Fire”の曲を聞くたびに、有頂天になって歌い踊ったあの夜のことを思い出す。

デュデクがシェフチェンコを阻止した瞬間、俺たちはキーパーの元へと猛ダッシュした。
足を痙攣していたはずのキャラが一番早かった。
続いて、フィナン、ルイス・ガルシア、リーセ、アロンソ、ハマン、俺、そして残りのみんながデュデクの上に折り重なった。

それから俺はファンに挨拶しに行った。
たくさんのカメラが回る中で「イエ――ッス!」と叫びながらピョンピョン跳ねてトラックを一周した。


歓喜に溢れる顔と顔。 
その中に友達やキャラの家族を見つけた。


グラディエイター

リバプールの横断幕をジックリと眺めた。
俺がグラディエイターのカッコをしてる写真もあった。

泣いてる大人がたくさんいた。
子供をハグしている父親もたくさんいた。
あれ、学校サボらせたのかな?

リバプールがヨーロッパの頂点に返り咲いたことで、みんなこんなに幸せになれたんだな。

もうマンUファンにはヤジらせないぞ。
ヤツラはヨーロッパでたったの2回しか優勝してない。
俺たちは5回だぞ~!
5回ということは、このカップは永遠にアンフィールドのモノだ。

思わず涙が溢れそうになったが、グッと堪えた。

ファンに捕まって引きづりこまれそうになった。
ちょ ちょ ちょっと~。ヽ(○´3`)ノ

スカイのジェフ・シュリーヴスが俺から話を聞き出そうとしたが、
俺の足はヨロヨロ、頭は真っ白、口はモゴモゴ、失神寸前だった。


続きを読む

『S物語』目次

『スチービー物語』 の目次を作りました。

青い☆をぽちってしてみてください。
読みたいところから自由に読めるようになりました。
 ( ゚∀゚)o彡°

ハート


2009.01.10
(1)『ヒルズボロの悲劇~ジョン・ポールに捧げる』 → 

2009.01.12
(2)『親指切断の危機』 → 

2009.01.17
(3)『Bare Arse ケツ当てゲーム』 → 

2009.01.21
(4)『ジェラード・ファミリーはサッカー狂』 → 

2009.01.25
(5)『一生の不覚』 → 

2009.02.07
(6)『エバトニアン?』 → 

2009.02.20
(7)『アカデミー~初めての挫折』 → 

2009.03.03
(8)『リベンジ』 → 

2009.04.25
(9)『ユース時代~いたずら』 → 

2009.05.01
(10)『スパイス・ボーイズ & ポール・インス』 → 

2009.05.15
(11)『バーンズ、ジェイミー、ジェイムズ』 → 

2009.07.05
(12)『怪我 & プロ契約』 → 

2009.07.15
(13)『ジェラール・ウリエ』 → 

2009.07.18
(14)『ついにファーストチーム!』 → 

2009.08.18
(15)『プレミア・デビュー!』 → 

2009.10.02
(16)『初スタメン! 絶望と歓喜』 → 

2009.10.10
(17)『仮装大会 ガッザ』 → 

2009.10.15
(18)『ユース代表』 → 

2009.10.17
(19)『フル代表への扉』 → 

2009.10.23
(20)『ビッグ・プレイヤー』 → 

2009.11.02
(21)『ハタチの誕生日』 → 

2009.12.06
(22)『代表デビュー』 → 

2010.02.15
(23)『フィーゴ ヌーノ・ゴメス』 → 

2010.02.20
(24)『ハマン』 → 

2010.08.05
(25)『キャラのPK』 → 

2010.09.25
(26)『マイケルの最後っ屁』 → 

2010.12.01
(27)『トレブル達成』 → 

2011.06.24
(28)『両親の離婚~キャプテン』 → 

2012.03.16
(29)『イスタンブールへの道~準決勝 vsチェルシ』 → 

2013.07.22
(30)『イスタンブールの奇跡~前半まで』 → 

2013.07.26
(31)『イスタンブールの奇跡~後半』 → 

2013.7.31
(32)『イスタンブールの奇跡~延長&PK』 → 

2013.8.8
(33) 『イスタンブールの奇跡~授賞式&パレード』 → 





※ 『S物語』には他にも番外編がいくつかあります。
それらに関しては、こちらから探してください。 → 

S物語(32) 『イスタンブールの奇跡~延長&PK』

その瞬間
トラオレとスミチェルww


スチービー物語(32)
  『イスタンブールの奇跡~延長&PK』


 (※ 『S物語』目次 → 

仰向けになって痙攣寸前のフクラハギをマッサージしてもらった。
これから始まる延長戦の30分が終身刑に思えたが、マッサージのお蔭でなんとか動けるようになった。


延長戦

セルジーニョがまた猛烈な勢いで俺に突進してきた。
なんだぁ、コイツ、バイクにでも乗ってるのか?!

子供の頃から俺はタックルに命を懸けてきた。
エネルギーが尽き果て、脳みそがストップした時、俺の体は「本能」に従って全力でタックルするようにプログラミングされていた。

ミランに点を入れさせるナ!!
俺は長い脚を伸ばして、何度も激しくセルジーニョにタックルした。


誰もが限界を超えていた。
ルイス・ガルシアやスミチェルのような軽量級の選手もライオンのように戦った。

キャラも痙攣寸前だったが、戦火の指揮官のように頼もしかった。
キャラがフクラハギをポストに押し付けて痛みを和らげているのが見えた。
俺もポストの近くにいれば…

しかし、泣き言を言っている場合ではない。
キャプテンとして強くあらねば!
絶対優勝するんだ!


そんな中でも、ミランの選手、とりわけシェフチェンコに対してリスペクトを払うのを忘れなかった。
以前、あるチャリティマッチで同じチームになって話をしたことがある。

シェフチェンコはストライカーの王様だ。
ウクライナ人をタックルした後は手を差し伸べた。
延長前半が終わった時、「グッドラック」と声をかけた。


延長22分 
ガットゥーゾに代わってルイ・コスタが入ってきた。

そして延長戦も残り2分となった時、ネットからわずか2ヤードのところにいたシェフチェンコの元にボールが来た。

「あぁ、終わった!!」と覚悟した。

ところが、そのヘッダーをデュデクがブロック!
目の前に落ちたこぼれ球をシェフチェンコがもう一度蹴ったが、デュデクは倒れたままクリア!

スッゲーーッ、ダブルセーブだっ!! 

オッシャ~、運の女神はレッズの方にいるぞ!


ビックリ!続きを読む

S物語(31) 『イスタンブールの奇跡~後半』

ふたりとも若い!
あぁ、ふたりともなんてカワイイの~!(〃⊃ω⊂〃)



スチービー物語(31)
  『イスタンブールの奇跡~後半』


(※ 分かりやすくする為に、原文にはない選手交代や時間を追記しています。
   『S物語』目次 →  )

絶望的な雰囲気に包まれたドレッシングルーム。
ラファがやって来て、こう告げた。

「静かに。
 フィナンはハマンと交替だ。
 3バックにする。
 ハマンはアロンソの横、守備的に行け。
 二人でカカーを止めろ。

 スミチェルは右のウィング・バック。

 ジェラードは前気味に。
 ルイスと組んでバロシュを走らせろ。
 ピルロとセードルフは比較的ノロいから、どっちかが止めろ。
 彼らにボールを持たせないように、キープしろ。」


ラファの戦略を聞いて、沈んでいたテンションが上がった。
次にメンタル面の指示。

「頭を下げるな。
 自分はリバプールの選手だということを肝に銘じろ。
 お前たちならできる。
 ヒーローになるチャンスだ。」

ラファはチームの雰囲気を一気に変えてくれた。


その時、ファンたちの歌う「ユルネバ」が聞こえてきた。

仲間に言った。
「おいっ、聞こえるか?!」

4万人のサポーターの歌声が トンネルを通って ドレッシングルームにいる俺たちの胸に飛び込んできたんだ。

信じられない!
3-0でぶちのめされた俺たちを、こんな崖っぷちにいる俺たちを、まだ励ましてくれるというのか?!

みんなビックリして互いの顔を見合った。
「アイツラは諦めちゃいないんだ。
 なのに、俺たちが諦めてどーする!!」

ファンはいつも俺たちと一緒にいる。
風の中、雨の中、どんな災いに見舞われようと。

we'd never walk alone !


「まずは1点取って、ファンを喜ばせてやろう。
 そうすれば、もっと盛り上がって追加点も生まれるだろう。
 さぁ、行くぞっ!」

キャプテンとして、最初の1点は俺が取らなければ!
続きを読む

S物語(30) 『イスタンブールの奇跡~前半まで』

ツイッターの方で少しずつ書き溜めた「イスタンブールの奇跡」を
ブログに写真付きでまとめていきます。
こっちの方が分かりやすくて楽しいと思いますョ♪
とても長くなるので4回に分けます。

ブルーモスク



スチービー物語(30)
  『イスタンブールの奇跡~前半まで』


 (※ 『S物語』目次 → 
   ファーストネームの多くは通常の表記に替えています。)


決勝戦の2日前、イスタンブールの街は狂喜のスカウサーで埋め尽くされていた。
空港、ホテル、バー、木の上までギッシリ。
俺はキャラに言った。 
「今頃、リバプールの街は空っぽなんじゃないか?」

“You'll Never Walk Alone”や “Fields of Anfield Road”の歌やチャントがひっきりなしにホテルの部屋に響き渡った。 
ベッドに入ってもKOP席の上で寝ているようだった。
有名なジョニー・キャッシュの「ダッダダッダッダ ダダダ!」が頭から離れない。




チケット入手の難しさといったら「チャーリーとチョコレート工場」並みだった。
クラブからの割り当ては一人25枚ずつ。
全然足らないよぉ。

チャーリーとチョコレート工場

 
ウチからはポール兄ちゃんとオヤジが見に来てくれた。
オフクロと飛行機嫌いのアレックスはいくら頼んでも来てくれなかった。

携帯にテリーとアンリから応援のメッセージが届いた。 
ありがたい! 
二人とも最大のライバルであると同時に、最高の友なんだ。
続きを読む

'He ain't heavy, he's my brother'  歌詞&歌手

少年

'He ain't heavy, he's my brother'  
 がUKのクリスマスソングNo.1に輝きました☆ → 


歌詞         歌手

The road is long - ANDY LAWSON

With many a winding turn - ANDY LAWSON

That leads us to who knows where - GERRY MARSDEN

Who knows when - PAUL HEATON

But I'm strong - GLENN TILBROOK

Strong enough to carry him - GLENN TILBROOK

He ain't heavy, he's my brother - JOHN POWER/ROBBIE WILLIAMS

ロビー・ウィリアムズ

So on we go - JOHN POWER

His welfare is of my concern - MELANIE C

No burden is he to bear – ROBBIE WILLIAMS

We'll get there - ROBBIE/MELANIE C

For I know - REBECCA FERGUSON

He would not encumber me - HOLLY JOHNSON

He ain't heavy, he's my brother- HOLLY JOHNSON/REBECCA F

If I'm laden at all - BEVERLEY KNIGHT

I'm laden with sadness - BEVERLEY KNIGHT

That everyone's heart - PALOMA FAITH

Isn't filled with the gladness- PALOMA FAITH

Of love for one another – ELIZA DOOLITTLE

ベン・ハービュー

It's a long, long road - DAVE McCABE

From which there is no return - PETER HOOTON

While we're on the way to there – REN HARVIEU / JON McCLURE

Why not share- JON McCLURE / REN HARVIEU

And the load - DAVE McCABE

It doesn't weigh me down at all – MACCA

Coz he ain't heavy – MACCA

(He ain’t heavy) – SHANE MACGOWAN

He's my brother - SHANE MACGOWAN/ BEVERLEY K

ポール・マッカートニー

He's my brother - ALL (most)

He ain't heavy, he's my brother … - ALL (most)

11/16のツイート~代表100キャップ

腕組み

maruyokomaruwo

www QT @wwwwww_bot 「『滝のおトイレです。』だって。すげえな」「それ多機能トイレだろ」
11-16 11:12

子供たちがスチービーの代表100試合を祝ってくれたよ~! もう、かわいすぎ! kidsもスチービーも。(*/∇\*)   http://t.co/inznclRV http://t.co/iX6ottbg
11-16 23:22



帽子

もう一枚。 前列の腕組みしてる子たちが可愛い♪ 全部で100人いるのかな? そして、この帽子は初めて代表に選ばれた時の記念の帽子(実はくしゃくしゃ)をモデルにしてるんだね♪ http://t.co/SQTnTqSo http://t.co/Mmd8aVRK
11-16 23:29

S物語(29) 『イスタンブールへの道~準決勝』

モウ、ロッベン
モウリーニョ&ロッベン

スチービー物語(29)

  『イスタンブールへの道
    ~準決勝 vsチェルシ』


 (※ 今までの『S物語』 →  

2004年6月に監督がウリエからラファエル・ベニテスに替わりました。
そしてオーウェンがレアル・マドリッドに、マーフィーがチャールトンに移籍し、代わりにシセアロンソがやってきました。

少年期からずっと仲良しだったオーウェンと、親友マーフィーがクラブを離れたことで、スチービーは激しいショックを受けます。


スペインから来た新しい監督の元で、リバプールはイスタンブールへの長く曲がりくねった道を歩むことになります。

対戦相手は・・・


2004/05 チャンピオンズリーグ

グループステージ :
   デポルティボ (バレロン、ディエゴ・トリスタン)
   オリンピアコス (リバウド、ジョバンニ)
   モナコ (サビオラ、アデバヨール)

ベスト16 : レバークーゼン (ベルバトフ)

準々決勝 : ユベントス (ブッフォン、カンナバーロ、
          デル・ピエロ、ネドベド、ズラタン)


カンナバーロ
カンナバーロ続きを読む

S物語(28) 『両親の離婚~キャプテン』

スチービー物語(28)

  『両親の離婚~キャプテン』



ヒーピア ラストゲーム
2009.5.24 ヒーピア、ラストゲーム 感動のシーン


スチービーの自叙伝から暫く遠ざかっていましたが
オフシーズンに入って一気に読み終わりました。ヽ(*⌒∇⌒)ノ
どんな小説よりもずっとずっと面白かった!

スチービー、最高!
愛してるよ~~

いつものように私流の妄想を交えて、少しずつ迷訳して
いきたいと思います。 
気長にお付き合いくださいね♪


 ※ 今までの『S物語』 →  続きを読む

ビフォーアフター (強い男)

※ アッガーの画像が間違ってました!
  Sangoさんに教えていただき、訂正しました。



リバポに来てから激しく 老けた 変貌した選手たちの画像を集めて
遊んでみました♪


その前に、ビックリするほど変わらないこの2人から。

↓ 1983年ガナ戦でのケニー王ゴールシーン
サミりん & ケニー王 before
サミりん「ケニーは今も昔も全然変わらずダンディで羨ましいなぁ・・・
     俺はちっと爺さんになっちまったよ。」


サミりん & ケニー王 after
ケニー王「いやいや、サミりんこそ今も昔もホントに可愛いよなぁ♪」

30年以上前からふたりは黄金コンビだったんですね~
 ケニー・ダルグリッシュ(FW) : 1977-1990
 サミー・リー(MF) : 1976-1986続きを読む

FC2Ad